ホンハム教室 教室長ブログ

教室長仲田敬之

2010年5月香港に赴任。香港教室、旧九龍教室と5年間勤務した後、蘇州教室の立ち上げメンバーとして蘇州に赴任。2年間勤務の後、2017年に香港に再び戻り今に至る。音楽鑑賞、読書が趣味で、特にアナログレコードをオリジナル盤で収集することにこだわる。文系を広範囲に担当するが、アメリカで鍛えた英語力を武器に、インター生、日本人学校生問わず英語の本質を教えることをモットーとする。

楽しく学ぼうぜ。




ホンハム教室では土曜日の朝に補習校の授業を行なっています。
香港には多様なバックグラウンドをもつ子ども達が暮らしていて、それぞれが日常生活あるいは学校生活で中心におく言語は様々です。
補習校の授業に参加している子ども達にとって普段の生活の中で日本語のプライオリティーも様々で、場合によっては日本語を全く必要としないという場合もあり得ます。
しかし、そこに集う一人ひとりが共通して持っているのが「日本」というバックグラウンドであることは間違いありません。日本の成り立ちの中で大きな割合をしめる「日本語」に対して、国語からのアプローチだけでなく、算数や理科などからのアプローチがあっても全く問題ありませんし、むしろ興味が掻き立てられる分、日本語で学ぶことに対する抵抗がグッと下がりモチベーションアップに繋がることだって数多くあります。
日本語で学ぶことは楽しい、もっと言うと、学ぶことは楽しいということです。

これこそエピスが大切にしていることです。
エピスの普段の授業だけでなく、香港に暮らす何らかの形で日本にバックグラウンドを持つ子どもたちの頑張りにも貢献していきたいと思っています。

と言うわけで、6月11日に香港大空館に校外学習にいってきます。
先日、下見を兼ねて数年ぶりに行ってきたのですが、面白いですね。





MTR新ラインでホンハムが近くなる!?

5月15日(日)にMTRのEast Rail Line(ホンハム?羅湖/落馬洲)が香港島のエキシビジョンセンター・金鐘まで延長されました。
結論、香港島からホンハム(またホンハムから香港島)までのアクセスが超便利になりました。
ホンハム駅から新しくできたエキシビジョンセンター(会展)駅(または逆)まで、実際に電車に乗っている時間は5分程度、あっという間に海底を通り抜けてビクトリアハーバーの反対側に到着です。
これは便利だ。
ホンハム教室には通常のエピスの授業、補習校の授業を含め、香港島から通っている生徒がいます。
これでより快適に通いやすくなった生徒も多いのではないでしょうか。
ちなみに、夜、エキシビジョンセンター駅のA出口を出ると、ビクトリアハーバー越しの九龍サイドの夜景がきれいに見えます。







中間テスト近し!!

新学年が始まり1ヶ月ほどが経過しました。いよいよ新しい学年での学習が進んでいき、それぞれ に実感が湧いてきたころではないでしょうか?そして、もうすぐ新学年になって初めての定期テス トが行われます。

中1の生徒にとっては、初めて迎える定期テスト。
中2の生徒にとっては、中学校の学習にも慣れてきたタイミングで迎える気の抜けないテスト。 そして、
中3の生徒にとっては、受験学年として迎える非常に重要なテスト。

それぞれの学年によって意味合いは異なるかもしれませんが、重要なテストであることは共通し ています。そこで、下記の日時にて「中間テスト直前対策」を実施します!!