What's epis

2019年のStudent of the year

本気で立ち向かったからこそ得られたもの

中3コース T.S. さん

推薦者 渡辺先生

 わかば深圳教室の2018年度Student of The Yearは、中3で最後まで戦った高木涼香さんに贈りたいと思います。Sさんは深圳教室の誰もが認める努力家だと思います。そんな印象もあるので、一見すると彼女の3年間は順風満帆だったように思われるかもしれません。しかし、高校受験というのは本気でやればやるほど、厳しい現実を突きつけてくる優しい世界ではありません。努力家の彼女だからこそ見えてきた世界がありました。
 涼香さんは中1・中2の2年間は学校のテストでもepisの月例テストでもずっと優秀な成績を取り続けてきましたが、厳しい現実に直面したのはやはり中3になってからだったと思います。中2までの学習というのは、高校入試のための基礎知識を吸収していくことが学習の中心になっています。それに対して中3にする学習は中学生の知識を全て使った応用的、総合的な内容です。中2までのインプットから、中3はアウトプットする学習へと大きく転換する必要があります。
 突然中3で立ちはだかる大きな壁を前に、「努力しても無駄かもしれない」という無力感を感じたかもしれません。実際に春から秋の間は本気で壁と対峙したというより、逃避していたように私には映っていました。変化の兆しが見えたのは受験終盤の冬期講習でした。壁を避けるのではなく正面から対峙し「徹底的な復習」をするようになると途端に霧が晴れるように思考がクリアになっていきました。彼女のその変化は一目瞭然でこれほどまでに人は変わることができるのだと改めて感じさせられました。
 高校受験を通じて得られた大きな力は高校に入学してからはもちろん、これからの人生で大きな力になることでしょう。その力を生かしてさらなる飛躍を遂げることを期待しています。(渡辺先生 推薦)


同じ教室のStudent of the month