メルボルン教室 教室長ブログ

教室長圷 加寿男

東京生まれの神奈川育ち。香港で教室長・教務部長として受験算数・数学指導に携わり、現在はメルボルン教室に勤務。算数・数学を楽しく学び「わかった!」「できた!」という感動を共有するために日々全力で授業に向かう。メルボルンに来てからは、冬場は雪山で大好きなスノーボードができることに大喜び。サッカー好きでFCバルセロナファン。世界各国のバックパッキング放浪やスキューバダイビング、マラソンなどアウトドアのアクティビティを好む。最近は夜遅くにNetflixにハマりがち。

教室で授業を再開しました

まだまだ手放しで安心できる状況ではありませんが、長く厳しい外出規制が緩和され、教室での授業を今日から再開しました。この数ヶ月の間、オンライン授業しかできない状況でエピスで勉強を始めた生徒で、直接会うのは今日が初めてという生徒もいました。

古い考え方かもしれませんが、久しぶりの教室での授業で、やはり授業は教室で声を張ってやるものだなぁと強く感じた1日でした。


集中して計算できました!

エピス全教室の中学生を対象とした、数学の計算の速さと正確さを競う計算コンクールで、メルボルン教室の生徒たちががんばりました!

中1から中3のそれぞれの学年で、皆よく集中して取り組むことができましたが、特に中1は全教室の中で学年第1位と第2位に輝きました。本当におめでとう!

月に一度の国語・数学・英語の月例テストでも、教室内に成績上位者として名前が掲載されることをモチベーションの一つにして、episの生徒たちは努力しています。これからも学ぶこと自体を楽しむことと同時に、競い合うことも楽しむことで、より大きな成長につながっていくことと思います。この調子でがんばっていこう!


早く教室に来てがんばるぞ!


エピスの授業がある日は、ちょっと早く来て自習をする、そんな日常が少しずつ戻ってきました。おうちのリビングや自室での家庭学習も大切ですが、ときには自宅とは違った緊張感のある場所だと勉強がはかどることもありますよね。授業に関しても、小学生や中学生はまだまだ教師の目の届く場所で授業を受けた方がメリットが大きいと、最近あらためて感じています。

自習スペースにお友達がいればおしゃべりが楽しくなってしまうこともありますが、度が過ぎれば先生にしかられて、またがんばる、そんなことができるようになってきたことにちょっとした喜びも感じました。


バスボム作りに挑戦

今日はエピスで国語と算数の学習を始めたばかりの新小学3年生を対象に、特別企画として理科実験をしました。

今回のテーマは二酸化炭素。空気や炭酸水に含まれているとても身近なものです。今日は、はじめに二酸化炭素はどんなものかを学び、そのあとに二酸化酸素を発生させるバスボム(シュワシュワする入浴剤)作りにチャレンジしました。重曹とクエン酸を使って、思い思いの形のバスボムを完成させることができましたね。作ったバスボムを水に入れて、二酸化炭素が発生することもしっかり確認し、大いに楽しんで学ぶことができました!





自分で問題を作ろう!

新中1の数学授業前の1コマ。

算数から数学になり、一番初めに学習するのは「正負の数」です。まだ正負の数の学習は始まったばかりですが、その計算問題を生徒たち自身で作り、それをみんなで解くのがここ数週間の授業前のルーティンになっています。小数や分数を使って問題を作りながら、答えは整数になるように工夫するなど、楽しみながら取り組んでいます。

来月にはエピス全教室の中学生を対象に、計算コンクールが予定されています。例年がんばっている先輩たちの話をすると、かなり気合が入ったようでした。今日の授業では、例題を解説した後に練習問題を解くときには、「時間をはかってください!」とのこと。努力はゼッタイ報われます。はりきっていこう!