メルボルン教室

教室長ブログ

オランダの小学生のみんな、はじめまして!


オーストラリアのエピスの小学生と、オランダに住むこどもたちに日本語で科学関連のワークショップを開催しているSciNeth(サイネス)の小学生で、小惑星探査機「はやぶさ2」についてのオンラインイベントを実施しました。全員が顔を見せて発言しながら参加できるイベントでしたので、小学生たちは積極的に発言して楽しんでいるようでした。オランダのおいしいものは?オーストラリアでコアラを抱っこしたことがある人いる?などなど、まずはお互いの環境を紹介。その後には、はやぶさ2のこと、はやぶさ2が帰還するオーストラリアのウーメラ砂漠について、とてもわかりやすく解説してもらいました。最後には、はやぶさ2や研究者さんたちへの応援メッセージを書きました。イラストなどをかなり作り込んでイベントに参加してくれた子もたくさんいましたね。当日にみんなで書いた応援メッセージの写真は、これからJAXAへ送るそうです。いよいよ来月にはやぶさ2が戻ってきますね。楽しみに待ちましょう!


教室長圷 加寿男

東京生まれの神奈川育ち。香港で教室長・教務部長として受験算数・数学指導に携わり、現在はメルボルン教室に勤務。算数・数学を楽しく学び「わかった!」「できた!」という感動を共有するために日々全力で授業に向かう。メルボルンに来てからは、冬場は雪山で大好きなスノーボードができることに大喜び。サッカー好きでFCバルセロナファン。世界各国のバックパッキング放浪やスキューバダイビング、マラソンなどアウトドアのアクティビティを好む。最近は夜遅くにNetflixにハマりがち。