ホンハム教室 教室長ブログ

教室長仲田敬之

2010年5月香港に赴任。香港教室、旧九龍教室と5年間勤務した後、蘇州教室の立ち上げメンバーとして蘇州に赴任。2年間勤務の後、2017年に香港に再び戻り今に至る。音楽鑑賞、読書が趣味で、特にアナログレコードをオリジナル盤で収集することにこだわる。文系を広範囲に担当するが、アメリカで鍛えた英語力を武器に、インター生、日本人学校生問わず英語の本質を教えることをモットーとする。

タケノコのように

みなさん「高いもの」といえば何を思い浮かべるでしょうか。。。
建物では、アベノハルカス?東京スカイツリー?ドバイのブルジュ・ハリファでしょうか?お隣深圳のたけのこビル、China Resources Towerでしょうか。
実は最近ホンハム教室に「高いもの」ができるようになりました。しかも毎週木曜日に、です。
それは、アルゴクラブのp-cubeで作られたタワーです。春のうちはまだまだ低く、小さかったのですが夏が過ぎ、秋を感じるようになってきた最近にょきにょきと伸びてきました。
最も高く積み上げるには、どのp-cubeをどこで使えばいいのか?制限時間の中、みんな頭フル回転です!途中で倒れてしまっても諦めないでまた積み上げます。また来年のアルゴ大会を目指して日々練習を重ねています。
みんなの成長が楽しみです。