香港学習塾 epis Education Centre

シドニー教室 教室長ブログ

教室長坂本 龍

自身も現地校で海外生として暮らした経験から活躍の場を再び海外に求めて渡豪。日本の学習塾でも教室長として受験指導に当たっていた経験を活かし、シドニーでも子どもたちと一緒になって昼夜、笑あり・真剣な眼差しありの授業を展開中。1秒でも多く子どもたちの役に立てるようにありたいというのが根本にある。趣味は資料集や便覧を読むこと、楽器演奏とトレッキング、最近はジム通いも続けている。座右の銘は「Carpe Diem(日々を大切に)」。

断片から全体を読み解く能力

みなさん、こんにちは。坂本です。

先日、下の記事を目にして深く頷かされたので共有したいと思いました。
インテリジェンスとの向き合い方

物事を学び、体得していく上で絶対に欠かせないことだと思うからです。
先日中高生の授業で、歴史上の出来事について年号を含めた解説をしているときに、「どうやってそんなに覚えるんですか?」と聞かれました。
咄嗟に答えようと思ったのは「覚えてるんじゃないよ、考えてるんだよ。」という答え。
いまいち伝わるような気がしなくて、長々と話してしまいました。でも、結局言いたいのは「考えている」とか「読み解いている」ということです。

歴史は有史時代こと中近世以降でいえば、私たちとそう大きく変わらない「人間」が動かし作ってきたものです。つまり、出来事と出来事との間には必ず人の動きがある。ということです。

これを意識しながら学ぶとき、歴史に限らず、物事には「点と線」があるのだと思い知らされるのです。
だから、断面から全体を読み解く(一を聞いて十を知る)能力こそがインテリジェンスのあり方なのだと強く思わされたのです。

一知半解にならないように、日々学びを大きく育ててまいります。学べば学ぶほど、知らないことは増えてゆく、球体のように。それでも学びは止まりません。

皆さんも日々学び続ける私と一緒に学びましょう!


中学生の準備は万端!【中学進学準備講座】

みなさん、こんにちは。坂本です。

エピスでは毎年小6の後半から「中学進学準備講座」を実施しています。
一時期話題になった「中1ギャップ」緩和のため、学年的には小学生のうちから、エピス生は数学や中学国語(古典の知識など)に触れて過ごします。
たかが週に1回、されど週に1回。1歩ずつではありますが、大きな成長を遂げました!
正負の数から始まって、文字式までマスターしたんだよね!(現在は方程式を勉強中!)

昨日はその最終テスト日。全15回を通して大きく成長した中1の皆さんの中でも、弛まずに1回ずつをクリアにしていってくれた上位2名の表彰でした!


KとN、おめでとう!よく頑張ったね。もちろん中1のみんなが頑張ってくれたんだけど、その模範と言ってもよかった2名でした。中には授業のない日の学校帰りに、テストだけしに来ることも!

数学や国語知識って、一見するとそのうちやるし今はそんなに頑張らなくてもって思いがちなものですが、
海外生にとって、教養という意味では、今やらないと一生やらないかもしれないものです。

エピスでは、日本語で学ぶこと、日本を学ぶこと、学ぶことそのものが面白い!楽しい!と思ってもらえるように授業でもいろんなことをお伝えしています!


夏期講習抽選会が人気!

みなさん、こんにちは。坂本です。
エピスの「夏期講習」はまだまだ続きます!

もう1週間経ってしまいましたが、先週1週間は小中学生の必修講座夏期講習会がありました。
初日から
「今回はガチャガチャあるの?」と聞く小学4年生男子Tくん。T…ガチャガチャはないよ。。。笑
これ↓だよ。。。と、いうシーンがありました。


中学生の授業の一コマでは
「今回は赤ペンの芯がないから、赤ペンが当たって欲しいな」というセリフも漏れ聞こえてきました。

みんな楽しみにしてくれてるんだね。
毎日スタンプラリー(ミニテスト)の合格を目指して勉強し、5日間頑張り抜いた先にある、自分だけの「レシート」は達成感とワクワクがあるんだと思います。

大人たちはみんなの頑張りを応援しながら…「今でもハワイ旅行とかあたるのかなあ、商店街の福引って」と現実的なことを考えていました。


ガラポン!


講習会の狭間に。。。Part3

みなさん、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。坂本です。
1ヶ月もの長期夏休み中のシドニーですが、エピスは今月「夏期講習」を実施中です。
いよいよ受験まで1ヶ月〜40日となったこの時期、受験生も普段とは見せる笑顔が違います。目の奥の色が変わり、『1点に喰らいつけ!』と言い続けてきた言葉の真意を理解顔つきになります。
1ヶ月間講習会は続きますので、最後まで皆さんとともに私も頑張ります。

さて、昨日「バックキャスティング」というものの重要性とあり方について、12年生(高校3年生)に話をしました。
8ヶ月後に受験を控え、15ヶ月後に進学を迎え、5年後・7年後・10年後と節目のようなものは続くわけですが、その時自分はどうありたいの?そのためには何が必要なの?じゃあ、今何をすべきなの?と問いかけなさい。
自分のビジョンや目標、今だから持てる熱い気持ちを蓄えようよ。
と。

私も中学に進学した頃、恩師に言われた言葉でした。今だからこそわかる長期でのバックキャスティングの重要性。明日や週末の予定のための「今」は考えられるのに、先が長くなると難しいですよね。

「一年の計は元旦にあり」と言いますが、本当だと思います。元旦と言わないまでも、元日、3が日くらいが大切なのではないでしょうか。2022年は一時代を築かれた錚々たる偉人が次々に向こう側へ行かれた年でもありました。ちょっとした終焉を感じたのは私だけではないはずです。

2023年が皆様にとっても素敵な1年となりますように。


心・理学について学びました

みなさん、こんにちは、坂本です。

今日は「心・理学」について学びました。
十文字学園女子大学教育人文学部心理学科の教授でいらっしゃる平田智秋先生にお越しいただきました。


平田先生の講義のご様子

いつもならこの時間は小論文Basicの時間です。
漢字テストから始まり、SDGsやニュースについて触れ、小論文や現代文の講義を聞く時間。

ところが、今日は違いました。
「心理学は、心・理学です。心理・学じゃなくて…」この瞬間少し教室の雰囲気が変わったようでした。

ここ最近、コスパ思考なのか、心理学を学びたい!という子にあまり出会わなくなりましたが、我々は常々思っています。すべての根底にあるのは「心」なんだぞ、と。

平田先生はそんな数ある心理学の中から、理学的に実験心理学を取り出し、みんなが取り組める錯視(知覚心理学)やチンパンジーとヒトを比較から利他行動の起源(発達心理学)を紹介してくださいました。


錯視をやってみるみんな

先生の講義では1時間30分、真剣な眼差しと笑いが絶えずありました。私も理学系等にいたのですっかり学生時代を思い出し、聞き入ってしまいました。
平田先生は専門家として、「『心・理学』って何?」という部分を本当にわかりやすく話してくださいました。
高校生の顔つきも、受験や進路に向けた考えも変わったように感じます。

一昨年前にも開発経済を研究する大学の先生に来ていただきましたが、やはり専門の方のお話は非常に興味深く、「楽しい」ものです。
私も楽しい授業をできるよう諸先生方を見習って、子どもたちと一緒に学んでいきたいと思います。

高等部では時折こういったイベントを行って、みなさんの進路への視野を広げてまいります。高等部の3年間。長いようであっという間ですから、興味関心や将来のビジョンに向けて頑張りましょう!

平田先生、ありがとうございました。