蘇州教室 教室長ブログ

教室長黒田吉紀

岐阜県出身。大学時代は雪国で雪氷学を学ぶ。趣味はスノーボードと、雪をこよなく愛するが、実は寒さに弱い。2010年香港に渡り、雪とは無縁の生活に。香港では入試センター長を務め、日本全国の入試情報に精通。2015年に理系のスペシャリストとして中国蘇州に赴任し、2017年からは教室長として奮闘中。熱血指導が故に、冬でもYシャツ一枚、腕まくり。しかし、ただのぽっちゃりがそうさせているとも…。

実験って楽しい!

以前のブログでも紹介しましたが、夏休み期間中に「おうち実験」を行いました。
今回もたくさんの生徒、保護者が「おうち」から参加してくれました。

今回のテーマは「グラデーションドリンク」を作ろうです。比重の話をしたり、実験をしたりと1時間はあっと言う間。

終了後、各自が作ったドリンクの写真を送っていただきました。
おおっ、どれも色鮮やかで美味しそう♪
皆さんはどれが美味しそう?

おうちでも、簡単に手に入る材料で気軽に実験ができます。
実験は子どもの「なぜ?」「どうして?」を引き出してくれます。
次回のおうち実験にもご期待を!


夏は学びがいっぱい


春休みに続いて、夏休みもたくさんのイベントを実施しました。
多くの小学生から中学生そして保護者に参加していただきました。ありがとうございます!

長期休みは普段取り組めないことに挑戦できる良いチャンスです。
エピス蘇州教室ではそういったことも後押ししたいと思っています。

1.グラデーションドリンクを作ろう(おうち実験)
2.イカの解剖から構造を学ぶ
3.浮沈子作り
4.アルキメデスの原理を学ぶ
5.空気砲作り
6.読書感想文を書こう
7.親子でアルゴ大会

様々なイベントを実施しましたが、子ども達の好奇心を刺激する機会になっていると嬉しいです。
学ぶは楽しい。そういう気持ちを日々大切にしていきたいと思っています。



6年生の授業風景

先日、算数の授業でおうぎ形の学習をしました。
小学校では5年生で円の面積や円周について学習しますが、円は単純な形ですが、奥が深いです。

円周率πは円周は直径の何倍かを表しています。
3.1415と始まり、無限に続く数です。
円はコンパスを使えばサッとかけますが、円周率を求めることは簡単ではありません。
円周率の近似値を求める方法の一つにモンテカルロ法があります。

これは、数値計算手法の一つで、乱数を用いた試行を繰り返すことにより近似解を求める手法ですが、この方法はちょっと大変・・・

ということで、ビーズをばらまくことによってモンテカルロ法を再現。

1辺20cmの正方形を書き、その内側に半径10cmの円を正方形に内接するように書きます。そこに、真上からビーズを落とすと、正方形の中に落ちるビーズと円の内側に落ちるビーズの数の比は、正方形と円の面積比に近い数値になります。正方形の面積は、400cm^2、円の面積は100πcm^2になるため、面積比は、4:π。この実験でπの近似値が求められるはず。

結果は、
3.2459……
それなりに近い値。
落とすビーズの数を増やせば、より3.1415・・・に近い値になっていくと予想されます。

円周率を覚えて使えることも大切ですが、そうではなく公式に疑問を持ち、どうしたらその式が出てくるのか、どのように円周率を求めることができるのかなど、思考する学習がこれからの学びには重要なことだと思っています。


今一度、ボーディングスクールについて考える

先日7月17日(日)に海陽学園の先生とボーディングスクール・寮について語りました。
リハーサルでも海陽の先生と様々な話をさせていただき、最近は寮について考える時間が多かったです。
本番は私自身も楽しく対談ができ、あっという間でした。

・あえて男子校を開校
・別学の良さ
・現代の教育への危機感
・寮での生活で社会で生きる力を育てる
・認知能力だけでなく非認知能力を育てる
・寮はミニ社会
・近年新たなボーディングスクールが続々と日本に開校になるのは、対人関係が希薄となっていることへの危機感
などなど、印象に残っている言葉がいくつかありました。

多様性が重んじられる現代社会で、バックグラウンドが異なる生徒同士が、共通点を見出し、時にはぶつかり合いながらも違いを認め合い成長していく。そんな経験が中学からできるということが、ボーディングスクールの魅力の1つだと感じました。ボーディングスクールや寮の学校だけではなく、たくさんの選択肢の中から子どもたちにとってベストな選択をサポートしていけるように日々精進していかねばと改めて思いました。



ボーディングスクールに子どもをあずける意味


今日はボーディングスクールの話をしたいと思います。
ボーディングスクールはご存知でしょうか?

ボーディングスクール(Boarding School)とは、全寮制の学校のことです。映画「ハリーポッター」をご覧になったことがある方は、まさにあのイメージです。

世界のボーディングスクールは歴史が古く、英国一の名門校といわれる全寮制男子学校イートン・ガレッジは1440年に開校しています。
2006年に愛知県に開校した全寮制の学校、海陽中等教育学校はイートン校がモデルとされ、トヨタ自動車、JR東海、中部電力をはじめ80社以上の企業が賛同し、設立された学校です。
また、日本における最初のボーディングスクールは、全寮制男子学校ラ・サール函館が昭和35年に開校しています。

実は近年、日本にボーディングスクールが増えてます。
以下に、近年開校した学校、開校予定の学校を時系列で並べてみましょう。

2014年
長野県:UWC ISAK Japan
2018年開校
石川県:国際高等専門学校
2019年開校
広島県:広島叡智学園
2020年開校
広島県:神石インターナショナルスクール
広島県:瀬戸内グローバルアカデミー
2022年開校予定
岩手県:ハロウ校安比ジャパン
長野県:白馬インターナショナルスクール
愛知県:国際高等学校
2023年開校予定
千葉県:ラグビー校

日本に海外のボーディングスクールやインターナショナルスクールが増えることは、日本がより国際的で多様な社会になっていく一つのきっかけになると思いますので、この流れは良い流れだと考えます。
また、グローバル化していく社会を生きていくために、子供が国際的な感覚を身につけ、自分の力で未来を切り開いていって欲しいと考える家庭も少なくないと思います。

そして、日本のボーディングスクールとして注目を浴びている海陽学園。
7月17日(日)に海陽学園の先生と「今、ボーディングスクールに子供を預ける意味」というテーマで対談をします。

全寮制の学校や寮のある学校に通うことの良さは何でしょうか。私も2児の父親として気になるテーマです。
ぜひ、ご視聴ください。

7月17日(日)9:30〜10:40(中国時間)
申し込みは、
こちらから。