ホンハム教室

教室長ブログ

タケノコのように

みなさん「高いもの」といえば何を思い浮かべるでしょうか。。。
建物では、アベノハルカス?東京スカイツリー?ドバイのブルジュ・ハリファでしょうか?お隣深圳のたけのこビル、China Resources Towerでしょうか。
実は最近ホンハム教室に「高いもの」ができるようになりました。しかも毎週木曜日に、です。
それは、アルゴクラブのp-cubeで作られたタワーです。春のうちはまだまだ低く、小さかったのですが夏が過ぎ、秋を感じるようになってきた最近にょきにょきと伸びてきました。
最も高く積み上げるには、どのp-cubeをどこで使えばいいのか?制限時間の中、みんな頭フル回転です!途中で倒れてしまっても諦めないでまた積み上げます。また来年のアルゴ大会を目指して日々練習を重ねています。
みんなの成長が楽しみです。







教室長森 理江

国生み神話が宿る「はじまり」の地、瀬戸内海最大の島、淡路島で生まれる。素晴らしい自然、そしてタマネギと牛に囲まれすくすくと成長。大学はあこがれの東京で法律を学ぶ。その学生時代から塾での指導の楽しさにどっぷりはまり現在に至る。エピスでは、なんと香港教室、シドニー教室、そしてホンハム教室と3校舎で指導経験あり。どの場所でも、その土地のよいところを見つけ大好きになってしまうのが特技。その国に暮らす生徒ひとりひとりに合わせた丁寧な指導を心がけている。趣味は書道とバレエ。生まれ変わったら、平安の都でひたすら書を書き続けるのが夢。ビッグスマイルでお待ちしています!