蘇州教室

教室長ブログ

今一度、ボーディングスクールについて考える

先日7月17日(日)に海陽学園の先生とボーディングスクール・寮について語りました。
リハーサルでも海陽の先生と様々な話をさせていただき、最近は寮について考える時間が多かったです。
本番は私自身も楽しく対談ができ、あっという間でした。

・あえて男子校を開校
・別学の良さ
・現代の教育への危機感
・寮での生活で社会で生きる力を育てる
・認知能力だけでなく非認知能力を育てる
・寮はミニ社会
・近年新たなボーディングスクールが続々と日本に開校になるのは、対人関係が希薄となっていることへの危機感
などなど、印象に残っている言葉がいくつかありました。

多様性が重んじられる現代社会で、バックグラウンドが異なる生徒同士が、共通点を見出し、時にはぶつかり合いながらも違いを認め合い成長していく。そんな経験が中学からできるということが、ボーディングスクールの魅力の1つだと感じました。ボーディングスクールや寮の学校だけではなく、たくさんの選択肢の中から子どもたちにとってベストな選択をサポートしていけるように日々精進していかねばと改めて思いました。



教室長黒田吉紀

岐阜県出身。大学時代は雪国で雪氷学を学ぶ。趣味はスノーボードと、雪をこよなく愛するが、実は寒さに弱い。2010年香港に渡り、雪とは無縁の生活に。香港では入試センター長を務め、日本全国の入試情報に精通。2015年に理系のスペシャリストとして中国蘇州に赴任し、2017年からは教室長として奮闘中。熱血指導が故に、冬でもYシャツ一枚、腕まくり。しかし、ただのぽっちゃりがそうさせているとも…。