What's epis

2021年5月のStudent of the month

憧れの第一志望へ

高等部コース I.L. さん

推薦者 五十嵐先生

受賞したのは高校3年生のIさんです。第1志望である慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)のAO入試を見事に突破し、9月から大学生活がスタートです。
Iさんがepisに入会してくれたのは、新高1のタイミングとなる中学3年時の秋でした。思えばあっという間の3年間でした。デモがあり、コロナ禍での受験、異例づくしの高校生活の中で、「不確実性」という言葉に示される通り、答えのない問題に対して立ち向かうことが求められました。これまでより高いレベルで、社会を見抜く目と自身の考えが要求され、それに応えなければなりませんでした。しかし、困難をものともしない冷静な判断力と、鋭い洞察力がIさんにはありました。そして何より、努力する才能に誰よりも秀でていたと感じます。それは、episの小論文においても、学校の勉強においてでも。 このような状況の中、IBとの両立も大変だったことでしょう。しかし、やらなければならない課題に対してこだわりをもって取り組りくむ姿勢は大学入試でも生かされました。事前に読ませてもらった大学への提出資料も文句の付け所がありませんでした。
話は変わりますが、この3年間で印象深かったこととして、小論文コンテストの決勝に進出できたことだと言っていました。夜遅くまで予選の原稿を練り直し、決勝進出が決まると急遽飛行機の予約をとり、学校もあるため会場から蜻蛉返り…それでも、日本の優秀な高校生を実際に目の当たりにすることができたこと、また、新鮮な環境で小論文のミニ講義を受けることができたのは、得難い経験だったはずです。香港に永くいると実感しづらいことを小論文の授業を通して体感できたのであれば、また彼女にとって、episの生徒でいられたことが財産となっていれば幸いです。
Student of the month の受賞おめでとう。今後の更なる飛躍を願っています!


同じ教室のStudent of the month