蘇州教室 教室長ブログ

教室長黒田吉紀

岐阜県出身。大学時代は雪国で雪氷学を学ぶ。趣味はスノーボードと、雪をこよなく愛するが、実は寒さに弱い。2010年香港に渡り、雪とは無縁の生活に。香港では入試センター長を務め、日本全国の入試情報に精通。2015年に理系のスペシャリストとして中国蘇州に赴任し、2017年からは教室長として奮闘中。熱血指導が故に、冬でもYシャツ一枚、腕まくり。しかし、ただのぽっちゃりがそうさせているとも…。

春の訪れ


最近、綺麗な青空が広がっています!気持ちがいいです。
工場があまり稼働していないせいでしょうか?

江蘇省の感染者数はついに「0」になりました。
まだまだ、油断はできないですが、久しぶりに先週末に教室の近くの索山公園に出かけました。

もう、春ですね!
ナズナやホトケノザが咲いていました。

春の七草は、皆さん言えますか?

セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、これぞ七草♪

みんなも近くの春を観察してみよう。


新年あけましておめでとうございます。


2020年明けましておめでとうございます。

昨年末、大学入試改革において、英語民間試験の導入延期や大学入学共通テストの記述式問題導入の延期が話題となりました。
教育について考える機会が多かった1年ですが、海外で暮らす子どもたちは、ぜひ日本では経験できない様々な経験をたくさんして欲しいと思っています。勉強も大切ですが、自分の世界を広げられるように、様々なことに関心を持ち、挑戦していくことが重要です。それが将来求められることに繋がっていくはずです。

2020年も蘇州の子女教育のために蘇州スタッフ一同邁進していきます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。 


2019年もあと1週間。

2019年も残すところあと1週間となりました。蘇州もいよいよ寒さが厳しくなり冬が本格化してきましたね。

振り返ってみると、今年もあっという間に過ぎ去った1年でした。
今年はepis蘇州教室にとっては「移転」という大きなイベントあり、プライベートでは次男が誕生しました。
2015年のepis蘇州教室の開校の年には長男、2019年の移転時には次男誕生が重なり、教室とともに私自身も成長しております。
この思い出深い蘇州という地で、教育に携われることを嬉しく思います。
エピスを蘇州に暮らす子ども達の成長の一端を担う場にしていきたいと強く想っています。

それでは、良いお年をお迎えください。



秋の数学企画授業

9月8日(日)に中1・2を対象とした数学の企画授業を実施しました。

三平方の定理(ピタゴラスの定理)の証明をkeynoteとロイロノートを使って取り組みました。
まずは、三平方の定理の導入から入り、パワーポイントを使い、説明をしていきました。

その後、用意した6種類の題材から数個選び、各グループ証明を考えていきました。keynoteを使い、図形を動かしながら、重ねたりしながら証明を進めていきます。まとまったところでロイロノート で証明を完成させていきます。そして、最後に各グループ発表してもらいました。

三平方の定理は100以上の証明がされています。数式を使い証明をしていくものもあれば、面積を分割したり、等積変形させたりしながら図形で考えていくもののあります。
証明の単元は取っつきにくいイメージがあったりするかもしれませんが、証明は数学の本質でもあります。

今回の企画授業で、少しでも証明に興味を持ってもらい、発見した時の喜びを感じてもらえたら嬉しいです。実際、証明できた時の表情は「おお!やった!できた!」といった感じだったので、良かったです!

次回の企画授業をお楽しみに!





夏合宿始まりました。


夏合宿がいよいよ始まりました。
7月28日から30日までの2泊3日の夏合宿です。
受験生にとっては夏は天王山。我々も気合が入ります。

今、ブログを書いている最中も、中3は明日のテストに向けて勉強中です。
まだまだ夏は始まったばかり。夏期講習とこの夏合宿で大きく成長してくれることを期待しています。
自分を追い込んでいけ!