What's epis

2020年6月のStudent of the month

自分と向き合う強さ

中1(5科)コース K.Y. さん

推薦者 村田先生

6月のStudent of the Monthは中学1年生のK.Yさんです。

現在最も勢いのある中学1年生のクラスで、密かに毎月のStudent of the Monthを狙っている熱い仲間の中から、選出されました!Yさん、受賞おめでとうございます。

受賞理由は、自分がどうしたいか、どうありたいか、その向き合う姿勢を見せてくれたからです。

Yさんが自分と向き合うこととなったのは、先日行われた学校の中間テストでしたね。中学生の初のテストで、2周間前から始まるテスト対策日には、こんなにも勉強をするのかな、、なんて言葉もあったYさん。本来であれば、中学校に入学し、少しずつ学校生活に慣れる中で学校のテストにむけてエンジンをかけることができますが、世界中でコロナウィルスの影響で今までの生活と一変され、学校もオンラインでスタートし、6月に通塾学校に通え始めたと思ったら、すぐにこの前期中間テストがやってきました。中学1年生は、とにかく提出物に取り組み、やるべきことリストをこなすだけ。偶然にも1週間前に、模擬テストでは、点数に出たのは、いままでにとったことのない点数だったようでYさんは青ざめていましたね。その時に、この点数は自分が嫌だ、この一言。

そこからは、オフライン、オンラインそれぞれの自習室を上手に活用し、すべての教科の対策を万全に、テスト当日を向かうことができたのではないでしょうか。初めての中学校のテスト、満足のいくところ、そして、課題も見えてきたでしょう。

どんな状況であれ、最後は、自分がどうしたいか、ここに尽きるでしょう。自分がどうしたいかを考えた上に、自分に必要な力は何か。今何をすべきか、と段階的に自分と向き合うことになるでしょう。だから、最終的に自立した自分となるでしょう。

Yさんはすでにその自分がどうしたいか、素直に受け止め行動をしようとしています!
中学校生活はまだまだ始まったばかり!これから本当に楽しみ!!!
これからの、Yさんの飛躍に期待して、6月のstudent of the monthを送ります。   


同じ教室のStudent of the month