ニュース

「はやぶさ2」や宇宙について専門家と語ろう!

はやぶさ

小惑星探査機「はやぶさ」の大気圏再突入に伴う火球を観測


メルボルン教室からのご案内です。海外で生活する生徒たちが将来を考えるきっかけが増えるように、様々な分野を知って視野を広げてもらいたいと考え、現場で活躍する研究者・専門家をお呼びしてお話ししていただきます。

イベントでは、まずエピスから宇宙に関するクイズを実施し、その後に宇宙・天文の解説者である大川拓也さんに宇宙の魅力について語っていただきます。今年の年末頃に「はやぶさ2」のカプセルがオーストラリアのウーメラ砂漠に帰還する予定ですので、その準備に向けてどのような動きがあるのかも伺う予定です!


はやぶさ

小惑星探査機「はやぶさ」の大気圏再突入に伴う火球を観測

《タイトル》
はやぶさ2が今年帰還!
宇宙の魅力について楽しく語ろう!

《日時》
5月3日(日)
【オーストラリア】14:30-16:00
【香港・中国】12:30-14:00
【インド】10:00-11:30
【日本】13:30-15:00

《対象》
小学4年生から中学3年生の学生
※小学3年生以下、高校生以上の好奇心あふれるみなさんも大歓迎!また、エピスにお通いになっていないお子さまもご参加いただけます!)


《参加方法》
オンライン(web会議ツールのzoomを使用します)

《お申し込み方法》
こちら、またはQRコードよりお願いします



プロフィール
大川拓也氏

宇宙・天文の解説者。職歴は、月刊星ナビ編集長、国立天文台広報普及員、かわさき宙と緑の科学館天文担当、JAXA宇宙科学研究所広報担当など。宇宙科学・天文学の魅力をわかりやすく伝える仕事を常に手がけ、子どもから大人まで星空に親しむ機会を提供している。
小惑星探査機「はやぶさ」が2010年に地球に帰還した際は、国立天文台観測隊長としてオーストラリアで大気圏再突入を観測。
近年は2018年にオープンしたJAXAの新施設「宇宙科学探査交流棟」の計画・展示整備を担当した。
東京出身。趣味として星をながめるのも好きな、元・天文少年。