シドニー教室 教室長ブログ

教室長鈴木 朗

香港が英国から中国に返還される前年の1996年に香港で学習塾講師となる。その後、紆余曲折を経て2002年にエピス代表の澤村と共にepis Education Centreを設立。2010年にシドニー教室を開校させる。子どもたちが目指す目標に向かって一緒にどろんこになりながら走るのが何よりも好きなんだということに今さらながら気がつく。趣味は、ウルトラマラソンやトライアスロン・アイアンマン、ウルトラトレイルランニングに出場して自分を極限まで虐めること。

シドニーランニングフェスティバル全員完走!

シドニー教室の恒例行事、シドニーランニングフェスティバルに子どもたちと参加しました。香港教室からエピス代表の澤村先生、奥村先生も駆けつけ、講師の総勢34名での大規模なイベントです。午後から雨という予報通り、朝の時点ですでにちょっと残念な曇り空。なんとかこのままレース終了まで持ちこたえてほしいと祈りつつ、スタート地点のミルソンズポイントに集合です。そして、まずは「大槻体操」でしっかりと準備運動を行いました。


続いて小学生から高校生、講師の全員で円陣を組んで気合いを入れます。中3男子の「絶対完走するぞ!」のかけ声に合わせ、「オ〜ッ!」という声が公園中に響き渡りました。8時ちょうど、スタートの号砲が鳴り響き、スタート地点から程なく走るとハーバーブリッジに入ります。オペラハウスと並ぶシドニーを代表する建築物ですが、この橋の真ん中を我が物顔で走ることができるのがシドニーランニングフェスティバルの魅力の1つです。ブリッジの後は市街地を抜け、オペラハウス近くの公園までが今回のコースです。


さて、気になるレース結果ですが、チームエピス内での1位はなんと生徒のお母様!37分26秒の好タイムでゴール。続いて2位は現在早実高等部3年生のエピス卒業生YK君。3位になんとか鈴木先生が入りましたが、お母様と卒業生に上位を持っていかれたのはちょっと悔しいですね〜。

とはいえ、順位や記録も大事ですが、誰ひとりリタイヤすることなくゴールできたことが一番。今回、チームエピスでは小3生が3名もエントリーしましたが全員最後まで走り抜きました。9キロは大人でも気合いを入れなければ走れない距離なのに本当によく頑張ったと思います。もちろん、小3生に限らず出場した全員が自分なりのベストを尽くせたのではないでしょうか。チャレンジし、成し遂げることで得られる達成感を味わえたことは、今後の人生においてきっと大きな意味を持つと信じています。これからもいろいろなことに臆せずチャレンジしていこう!


チームTシャツ2016完成!


昨年までは受験生で「チームエピス」を結成して参加していたシドニーランニングフェスティバルですが、今年はシドニー教室の会員なら誰でも参加可能としました。2016年は、子どもたちと講師で総勢34名の「チームエピス」でブリッジラン9kmに出場します! 恒例のチームTシャツですが、イラストレータの別府が香港教室勤務になってしまったので、今年は趣向を変えてこんな風にしてみました。どうでしょうか? エピスオールスターズがシドニーの街をオレンジ色に染めますよ〜。


本格的な受験シーズンへ

帰国入試までは3ヶ月、国内入試まで5ヶ月をきりました。いよいよ受験シーズンの到来です。昨日からシドニー教室では日曜特訓(通称サンデーエピス)がスタートしました。

初回授業ということもあり、担当講師からの激励からスタート。いよいよ本格的な受験勉強が始まるというよい緊張感の様子です。これから毎週朝9:00から夕方6:00まで第一志望合格へ向けた対策授業が行われます。 


受験で戦う日本国内の生徒は夏期講習会で長時間の特訓を終え少し差をつけられた状況です。シドニーの生徒はこれから春期、夏期講習と特訓し、追いつき、追い越していきます。

特にこの日曜特訓ではこれまで積み上げてきた基本事項を駆使し、入試で出題されるひねりある問題に対応できる力を養っていきます。また、面接、グループディスカッションを実施する学校を受験する生徒にはその準備もしていきます。

サンデーエピスを通して、第一志望校合格のため全力でサポートし、必要な力を育んでいきます。