What's epis

2021年5月のStudent of the month

継続は力なり

中2コース S.K. くん

推薦者 山家先生

2021年5月度のStudent of The Monthは中2コースのSくんです。おめでとうございます。

Sくんは、昨年の中学1年生の10月頃まではずっと数学の月例テストにおいて80点まであと一歩のところで足踏みしていましたが、その後いったん80点以上の得点を取れるようになると、じわりじわりと得点率を上げていって、先月5月の月例テストでは偏差値も60を超えるところまで大幅に成績を伸ばしてきましたね。
授業中、いつも元気いっぱいでどんな難問も間違うことも恐れず、果敢に挑む姿勢を全面に押し出してくれています。さらに、答え合わせをしても『どうしてそうなるのか(その答えに辿り着くのか)』が理解できないときは、必ずその理由を尋ねてくれます。この『分からないことをちゃんと分かりません』と質問できる姿勢が、数学をできるようになるためにはとても重要なことなんですよね。
さらに、Sくんの感心できることは、授業で出される課題の取り組み方です。多くの生徒は、次の授業の直前まで宿題に手をつけず、前日にまとめてやって提出しがちですがSくんは、ほぼ毎日コツコツと課題に取り組み、それをslackというSNSのクラスチャネルにシェアしてくれています。なかなか誰でもできることではありませんが、Sくんはずっと継続して毎日課題に取組むことができています。昨年の11月以降、着実に成績を伸ばせてこれた要因の一つがここにもあったと思います。
今ではこんなに成績が伸びているSくんですが、6年生の10月からスタートした中学準備講座ダッシュ講座に通い始めた頃は、全く今のようなことは想像できませんでした。学校でもまだ習っていない中学数学の内容を中々理解できず、定期的な確認テストにおいても苦労していた様子を覚えています。でも、その当時からできるようになるために愚直に努力を重ねてくれて、気づいたら周りの生徒たちにも追いつけるまでに学力を伸ばすことができていました。決してスマートな印象ではありませんが、コツコツと『ちゃんとできる』のがSくんの良いところです。これからも愚直に今の学習姿勢を継続させて、Sくん自身だけでなくクラスのみんなも引っ張っていけるような存在になってくれることを期待しています。


同じ教室のStudent of the month