わかば深圳教室 教室長ブログ

教室長飯尾真之

エピス開校間もない2003年3月に香港へ赴任。その後、九龍教室、メルボルン教室、蘇州教室と渡り歩き、現在わかば深セン教室在籍。さまざまなバックグラウンドをもつ海外在住生徒を導いた経験から、その子その子に応じた適格な学習指導をすることに定評があります。神奈川県出身ですが、どういうわけか小4からウン10年、筋金入りのカープファン。20年近く辛酸を舐めてきましたが、ここ数年、応援が報われる機会が増えてきています。

CAD &3Dワークショップ開催中!

土曜日の午後、ただいま中2の生徒を中心に「やまやん先生のCAD&3Dプリンターワークショップ」を開催中です。

パソコンやiPadに専用のアプリをダウンロードして、3Dプリンターで作成したい作品を各々デザインしています。


ふだんの授業ではなかなか見られないほどの集中力で、次々と奇抜なデザインを生み出していきます。

使い始めたばかりのアプリも、彼らの手にかかればお手もの。あっという間に、使い方をマスターしてしまいます。



さあ、思ったとおりに出来上がるでしょうか...

わかば深セン教室では、12月から、VRやAR、CAD、3Dプリンターをフル活用したワークショップを実施していきます。「モノ作りって楽しい!」って思えるイベントをいろいろ開催していきますので、ぜひご期待ください!


さあ、国慶節連休も終了、今日からエンジン全開だ!!

国慶節明け、土曜日からエピスの10月度通常授業がスタートしました。
深圳日本人学校も今日から2学期、新しい先生たちもやっと赴任できたようで、少しずつ日常が戻りつつあります。
episでは2月からオンライン授業、6月から対面授業も復活し、オンラインとオフラインのハイブリッド授業を続けています。
これからも、さまざまな新しい取り組みに挑戦していく予定ですが、教室に生徒たちの元気な声が戻ってきたことが、何よりのエネルギー源ですね。