わかば深圳教室

教室長ブログ

HaloCodeでプログラミング×STEM スマートホームインテリア

HaloCodeで作った生徒たちの作品

 春期講習の6SRの授業では、わかば深セン教室のある深セン市に本社を置くMakeblockの新製品HaloCodeを使ってプログラミング(STEM、創客)の授業を実施しました。MakeblockはmBotというプログラミング可能な製品で有名になり、北米、ヨーロッパや香港の多くの学校で使われている製品を開発生産しています。
 わかば深セン教室は、そのMakeblock社のある深セン市にありますので、同社との付き合いも深く、今回はまだ日本では発売されていないHaloCodeというプログラミン学習用マイコンボードをお借りしてプログラミングの授業を実施することができました。日本ではまだ発売されていないので、HaloCodeを使った授業は日本初かもしれません!?深センではプログラミン用の教材を開発している企業も多数ありますので、このような機会が得られるのも深センだからできることです。
 今回はこれまでに発売されているmicro:bitやArduinoなどのプログラミング学習用マイコンボードには搭載されていない機能を使った学びをしてみたいと思い、音声(音量)に反応してLEDが色を変化させながら光るインテリア作りをしました。
スマートフォンやスマートスピーカーと照明が連動して部屋のムードを変えるシステムが最新のIoT家電、スマートホーム家電としてショールームなどで見かけるようになってきましたが、まさにそのようなイメージで、部屋で普通に話しているとインテリアが音声に反応して光り方を変えるというものです。


STEMにアートを加えたSTEAMの感覚も重要

 わかば深セン教室のプログラミング学習は、単にプログラミング言語を学ぶだけではなく、深セン市が推進する創客教育(深セン版STEM教育)を実践するものです。創客教育には、「プログラミング×テクノロジー×想像力」で、想像力や問題解決能力を高めようという狙いが込められています。
 AIを含めたテクノロジーの進化の過程で、今まで実現できなかった問題の解決、新しいサービスの開発が可能な世の中において、子供達はプログラミング言語を学ぶのと同時にそれを生かした製品、サービスを生み出す想像力を磨いていく必要があります。それが深圳の創客教育です。
 今回の授業でも「完成形」を見せて組み立てるだけの工作ではなく、基本のコードと製作用の基本的な材料を与えて、自由にコードを組み替え、自由に作品を完成させるように授業を進めました。
創客教育において重要なことは完成度の高さではなく、いかに生徒自身が自ら考え、テクノロジーを活用し問題を解決しようとしたかどうかです。
 今回の授業でも私たち大人が考えもつかない形で作品を作り出してくれました。次回の授業がまた楽しみになってきました。


※動画ではかなりギラギラ光っていますが、実物はもっとキラキラと綺麗に光っています。


教室長渡辺 敦

大連、内モンゴル、蘇州、香港を経て、現在は深圳在住。海外教育歴は15年。イノベーション都市深圳にて、「深圳×教育」をテーマに深圳独自の教育を提供すべく活動中。教育現場では言語習得と認知能力の相関関係「ダブルリミテッド問題」について実践的な指導を研究している。また「中国の受験問題」と「日本の人口減」の解決策として中国人学生の日本留学の環境整備を進める。